古き良き時代の女性をつくるメディア

allclassical

結婚式

ハナユメとゼクシィを徹底比較!どっちがお得?どう違うの?

更新日:

圧倒的な知名度を誇るゼクシィと、先輩花嫁から評判のハナユメ。

どちらを使って式場探しをしようか、悩みますよね。

ゼクシィとハナユメは、同じ式場検索サイトでもそれぞれ強みとしていることが違います。

そのためサービス内容の違いを把握し、自分に合っている方を選ぶことが大切。

今回は、ゼクシィとハナユメの違いを徹底的に比較しつつ、どちらがあなたに合っているか紹介していきます。

ハナユメとゼクシィの違いをわかりやすく比較

ハナユメとゼクシィはブライダルサイト大手二社なので、やはりどちらもサービスが魅力的です。

ハナユメとゼクシィの違いを表にまとめました。

ハナユメ ゼクシィ
式場掲載数 636件 2396件
顧客満足度 3年連続1位 2位
キャンペーン 40,000円のギフト券 40,000円のギフト券
割引プラン ハナユメ割 花嫁割
対応エリア 20都府県 47都道府県
相談カウンター 11ヶ所 66ヶ所
リゾートウエディング 69件 406件

ゼクシィは26年間ブライダルに従事しているだけあって、式場掲載数や対応エリアが強みです。

たくさんの結婚式場の中から選びたい」という人に向いているのが、ゼクシィだと言えそうです。

一方でハナユメは、顧客満足度三年連続No.1という強みがあります。

いくら自分が気に入った結婚式場を見つけても、満足いく結婚式を挙げられなければ折角の思い出が台無しになってしまいます。

「満足のいく最高の結婚式を挙げたい」という人はハナユメが向いているでしょう。

ではここからは、各サービスの違いを深く掘り下げていきます。

ゼクシィは式場掲載数NO.1

数あるブライダルサイトの中でも、群を抜いて式場掲載数が多いのがゼクシィです。

日本国内だけで2396件も式場を掲載しているのは、ゼクシィだけです。

ハナユメも636件とブライダルサイトの中では多く掲載しているほうですが、掲載数だけでいえばゼクシィに勝つことは難しいでしょう。

しかしハナユメはホームページがシンプルでわかりやすいので、結婚式場を検索しやすいというメリットがあります。

ゼクシィはコンテンツが多いのも魅力の1つですが、雑多なサイトで結婚式場が検索しづらいという印象を受けました。

いくら掲載数が多くても、結婚式場が探しにくければ意味がありません。

またハナユメでは、自分が希望する挙式のイメージに合わせて結婚式場を検索することができます。

写真のように、「かわいい結婚式場がいい」「モダンな結婚式場がいい」「リゾート地のような結婚式場がいい」など、イメージしか決まっていなくても結婚式場を見つけられるのは、ハナユメならではの強みです。

ハナユメは顧客満足度三年連続NO.1

ハナユメは「オリコン顧客満足度ランキング」の結婚式場相談カウンター部門で、3年連続NO.1を取り続けています。

3年間連続で1位を取り続けることは、並大抵のことではありません。

結婚式場情報サイトランキングでも、女性満足度1位に輝いています。

さらに、推奨意向という他者にサービスをどれだけ進めたいか、というユーザーの評価もハナユメが1位です。

オリコン顧客満足度

利用者2,345人のアンケート結果なので、ランキングの信憑性もあります。

対応のよさやホームページの見やすさも、評価に値しているようです。

こんなに顧客満足度が高いサイトなら、信頼して結婚式場を探せそうですね。

キャンペーンは併用が一番お得

ハナユメとゼクシィのキャンペーンは、特典でもらえる金額や条件などがほとんど同じです。

表にまとめて比較していきましょう。

ハナユメ ゼクシィ
キャンペーン条件 ブライダルフェアに予約&参加 参加後にアンケート回答 ブライダルフェアに予約&参加 参加時に写真を撮って後日送付
キャンペーン内容 1会場で15,000円
2会場で25,000円
3会場で35,000円

無料相談デスク利用で5,000円
1会場で5,000円
2会場で30,000円
3会場で40,000円

ブライダルフェアに予約&参加するだけで40,000円分の商品券がもらえるので、ハナユメとゼクシィ両方のキャンペーンを併用するとお得です。

どちらも無料で参加できるうえに、40,000円+40,000円=合計80,000円分の商品券がもらえます。

彼とデート感覚で楽しみながら参加できるブライダルフェアばかりなので、ぜひ一度参加してみてください。

安いのはどっち?結婚式費用の割引額で比較

ハナユメは「ハナユメ割」ゼクシィは「花嫁割」という独自の割引プランがあります。

割引額を比較して、どちらがよりお得か紹介していきます。

違う結婚式場で比較しても説得力に欠けるので、同じ結婚式場で比較しました。

今回紹介する結婚式場の平均見積額は268万円です。

ではまず、ゼクシィの割引額を見ていきましょう。

平均見積額から提示されている金額を引くと、113万円の割引です。

次にハナユメの割引額を見ていきます。

驚くことに、152万円も割引されていました!

比較してみると、その差はなんと32万円です。

32万円あれば、1着分のドレス代を浮かせることができます。

この結果から、割引はハナユメのほうがお得だということがわかりました。

ゼクシィは全国47都道府県が対応エリア

式場掲載数の多いゼクシィですが、対応エリアに関してもNo.1です。

すべての都道府県に対応しているとは、さすがゼクシィだと感心してしまいます。

ハナユメが対応しているのは20都府県なので、ゼクシィはハナユメの2倍対応エリアを広げているということです。

地方にも対応しているゼクシィなら、地元はもちろん思い出の地で結婚式を挙げられます。

相談カウンターはゼクシィのほうが多い

式場掲載数と対応エリアがNo.1ということは、やはり相談カウンター数もゼクシィが1番です。

ゼクシィが66ヶ所、ハナユメが11ヶ所なので、ハナユメよりも6倍相談カウンターが存在しています。

しかし顧客度満足度の違いを説明する際にも書いたとおり、ハナユメの相談デスクは顧客満足度3年連続No.1です。

さらに、各評価項目別と男女別、年代別のどれをとってもハナユメの相談デスクが1位に輝いています。

数ではゼクシィに劣りますが、質ではハナユメの圧倒的勝利と言えそうです。

リゾートウエディングはゼクシィのほうが多い

リゾートウエディングに関しても、ゼクシィは掲載数が多いです。

ゼクシィは国内が37件、海外は369件掲載されていて合計数は驚きの406件!

一方ハナユメは国内リゾート27件、海外リゾートが42件の合計69件とゼクシィに比べると見劣りする数です。

対応しているエリアも、ハナユメが対応しているエリアよりはるかに広範囲です。

各サイトが対応しているエリアをまとめたので、参考にしてください。

ゼクシィ

北アメリカ アメリカ、ハワイ、グアム、サイパン、メキシコ、カナダ、バハマ
アジア フィリピン、ベトナム、マレーシア、タイ、バリ、モルディブ
ヨーロッパ スウェーデン、イギリス、イタリア、オーストリア、ギリシャ、クロアチア、ベルギー、スイス、スペイン、スロベニア、チェコ、ドイツ、フィンランド、フランス、タヒチ、マルタ
オセアニア オーストラリア、ミクロネシア、ニュージーランド、パラオ、ニューカレドニア、フィジー
アフリカ ケニア、モーリシャス

ゼクシィ

北アメリカ ハワイ、グアム、サイパン
アジア バリ
オセアニア オーストラリア

ゼクシィが35ヶ所に対応しているのに対して、ハナユメは5ヶ所です。

海外ウエディングを検討している人は、ゼクシィが合っているかもしれません。

結局どっちがお得なの?

ここまで、ハナユメとゼクシィのサービスの違いを比較してきました。

ゼクシィの強みはなんといっても式場掲載数と対応エリアの広さです。

選択肢が多いぶん迷ってしまうデメリットはありますが、たくさんの結婚式場を見ることができます。

海外ウエディングに関しては掲載数の多さはもちろん、対応国の多さに驚きました。

ゼクシィを使うデメリットとしては、割引額が少ないということと顧客満足度の低さです。

ホームページが見づらく結婚式場が探しにくい点も、少し気になります。

ハナユメの強みは、顧客満足度と割引額の大きさです。

顧客満足度が高いということは、それだけ丁寧なサービスを提供できるということです。

相談デスクとホームページの顧客満足度でそれぞれ1位を獲得しているハナユメなら、安心して式場探しを手伝ってもらえそうです。

割引プランに関しても152万円という数字はかなり大きく、結婚式場やプランなどにもよりますが平均して100万円以上の割引も夢ではありません。

デメリットは掲載数の少なさが目立つところですが、質のよい式場のみと連携するこだわりゆえのことです。

選択肢があまりにも多いと迷ってしまいますので、最初からある程度絞られていたほうが選びやすいかもしれません。

以上の点から、どんな人がどちらに向いているのかを紹介します。

結婚式の費用や中身よりも、とにかくたくさんの結婚式場から選びたい人は→ゼクシィ

できるだけ安く、満足のいく理想の結婚式を挙げたい人は→ハナユメ

みなさんなら、どちらを選びますか?

両方併用がおすすめ!商品券を多くゲットして得しちゃおう

ハナユメとゼクシィの違いと、自分に合っているサイトは把握できたでしょうか?

とはいえ自分に合っていないからといって、片方のキャンペーンを利用しないのはもったいないです。

割引と同じで、特典の額も大きければ大きいほど嬉しいものだと思います。

キャンペーンの事項でも話したとおり、ハナユメとゼクシィのキャンペーンはブライダルフェアに参加するだけで商品券が80,000円分もらえます。

お気に入りの結婚式場を探すついでに80,000円もらえると思ったら、とてもお得に感じませんか?

ハナユメとゼクシィのキャンペーン情報をさらに詳しく載せるので、興味がある人はぜひ利用してみてください。

ただしハナユメはキャンペーン期間が短いので、ハナユメのキャンペーンを先に利用してからゼクシィのキャンペーンに参加することをオススメします。

ハナユメのキャンペーン情報

応募条件 キャンペーン期間中に式場見学、またはブライダルフェアの予約
応募方法 ハナユメのキャンペーンにエントリー、ブライダルフェア予約、見学後にアンケート回答
特典内容 会場回答で15,000円分

2会場回答で25,000円分

3会場回答で35,000円分

無料相談デスク利用で5,000円

ゼクシィのキャンペーン情報

応募条件 キャンペーン期間中に式場見学、またはブライダルフェアの予約
応募方法 ゼクシィのキャンペーンページからの応募&予約、見学後に会場内の写真を提出
特典内容 1会場回答で5,000円分

2会場回答で30,000円分

3会場回答で40,000円分

違うサイトとの比較記事に興味がある人は、下記の記事もご覧ください。

内部リンク
・ゼクシィとマイナビ
・ハナユメとマイナビ

-結婚式

Copyright© allclassical , 2019 All Rights Reserved.